のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度
  • 【上撰深山菊 の 受賞歴】
  • 2015年 [第7回] スローフードジャパン燗酒コンテスト2015 熱燗部門 金賞
  • 2016年 2016年度レギュラー酒コンクール 2位
  • 2016年 ロンドン酒チャレンジ 銅賞
  • 2017年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード メイン部門 金賞
  • 2017年 燗酒コンテスト お値打ちぬる燗部門 金賞
  • 2018年 IWC (International Wine Challenge) Bronze賞
  • 2019年 IWC (International Wine Challenge) Bronze賞
  • 2020年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード メイン部門 金賞

のみくらべセット180ml×3本セット (原酒深山菊・どろどろ濁原酒・上撰深山菊) 19・18・16度

セット商品

のみくらべ


商品紹介

飛騨高山の老舗蔵元の銘酒を堪能できる3個セット

舩坂酒造店の代表銘柄を一気に楽しめてしまう夢のセット。セット内容は:原酒深山菊 :どろどろ濁原酒 :上撰深山菊 3酒が入っております。
これで、飛騨高山&舩坂酒造店を制覇したのも同然かも!?


のみくらべ の

おいしいポイント

こちら!!

◆左 原酒 深山菊


味わい「原酒 深山菊 清酒」
 

スタッフおすすめポイント
 


米由来の少し甘い香りがあり、アルコール度数が19度ちかくと高めながら、さらりとまろやかな口当たりです。米の甘みがグッと喉に広がり、飲みごたえのある濃い目のお酒です。原酒でありながらキツイ感じが少なく、やわらかな余韻を感じます。ロックで飲むとさらにやわらなかな味わいで楽しめます。飲みごたえのある濃いお酒ですので、焼味噌やサバの味噌煮など、濃い味付けのものと合わせるのがオススメです。
 
商品名 原酒 深山菊 
原材米 ひだほまれ 
内容量 180ml
アルコール分 18.0度以上19.0度未満

◆真ん中 どろどろ濁原酒

ヾ鼎ないにごり酒

このにごり酒の最大の特徴としては、「あまり甘くないにごり酒」であることです。通常のにごり酒は日本酒度が「ー20」など様々ですが、名実ともに甘口が多いです。

このにごり酒「どろどろ濁原酒」は日本酒度が「−7」であるので、他社のにごり酒よりは格段に甘くないです。飲む人によっては「辛口」とも感じてしまうような味わいです。甘口だと飲み飽きしてしまいがちですが、あまり甘くないので飲み飽きしにくい【魔性のにごり酒】と言えるでしょう。
 


岐阜県産酒造好適米「ひだほまれ」使用

岐阜県産酒造好適米「ひだほまれ」使用している名実ともに「made in 飛騨高山」のにごり酒。ひだほまれを使用することにより、米の旨味が非常に強く感じられます。

飛騨高山は味噌の文化でもあるので、地元食材(煮物や漬物)にはとってもマッチングします。逆に言えば「上品な味わい」の食材とのマリアージュは苦手ですが、味付けの濃い食材とのマッチングは最高です。

また、裏技でぬる燗にしてみても、実は飲めちゃうにごり酒となっております。
 

にごり酒の原酒である

ちょっと前まではこのにごり酒は「飛騨仙郷 しろき」という名前で販売しておりました。その時のアルコール度数は約15度で、酒質も清酒に近い性質を持っておりました。


あるとき、ある人が「原酒のにごり酒めっちゃ美味しいですね!」の一言で、秋限定商品となりました。それから数年。一つのポイントである「原酒」ということが高評価を得て、通常商品になりました。
 

原酒であるがゆえに、お酒の濃度が極限まで高いので、「旨味」「飲みごたえ」がMAX!米の味わいを求めたい方には必須なにごり酒となっております。

商品名 どろどろ濁原酒
原材米 ひだほまれ
内容量 180ml
アルコール分 17.0度以上18.0度未満
 
スタッフおすすめポイント



名前の通り、どろ〜っと濃厚な濁り酒の原酒。米由来の少し甘い香りが立ち、口の中ではどろっとして「お米!」を感じさせつつ、グッと旨味とコクが広がり、喉越しはキレ良くスッキリとして飲みやすいお酒です。


 



どろどろ濁原酒の美味しい飲み方

 
味わい「どろどろにごり酒 」
 


◆右 上撰 深山菊 


ヾ阜県産ひだほまれ使用

お米画像

「ひだほまれ」は大粒なお米でタンパク質が少なく心白の発現率が高いお米です。この「ひだほまれ」を使った酒は甘・辛・酸・渋・苦の五味のバランスが良いのが特徴です。
 

また日本酒を醸造するにあたり、大切なお米。業界用語では「酒造好適米」と呼んでおります。その酒造好適米にもこだわって岐阜県産「ひだほまれ」を使用。精米歩合を70%に設定することにより、ひだほまれが持つ米の強い旨味を十分に引き出すことが可能となりました。

 

甘辛中庸で芳醇な酒質

タンクをかましている平岡さん


 

この【深山菊】は舩坂酒造店すべての日本酒の基となるお酒です。創業より大切にしてきましたこの味。【甘辛中庸にして芳醇な深山菊】昨今の吟醸酒ブームとは別で、大衆的且つ不変的な味を守り続けてきました。

ランクは普通酒ですが、一番神経を張り巡らせて醸造したお酒でもあります。気取らず・飾らず楽しんでください。また、おススメは40度程度のぬる燗が非常におススメ。

 

H騨高山在住の杜氏による酒造り

 

飛騨高山に住んで50有余年。飛騨の気候を知り、風土を知り、人情を知る、飛騨高山の地元の杜氏が醸し出す日本酒。飛騨の全てを知らないと造れない味がここにあります。

平岡さんの説明

 


上撰深山菊の美味しい飲み方

  味わい「上撰 深山菊 清酒」
 

蔵元がオススメの飲み方 :冷やして・常温・ぬる燗

こんな時に是非どうぞ! :ご自身のリラックス用・日常的に・お肉料理・お魚料理

 
スタッフおすすめポイント
 


当蔵元のスタンダードタイプの大定番。香りは控え目でスムーズな口当たりです。喉越しはやわらかく、じわりと広がる米の甘みが魅力です。冷やせばスッキリと、温めれば米の旨みが膨らみ、食中で幅広く合わせられます。少し甘めに感じるため、イワナなどの白身魚や、刺身と合わせるのがオススメです。
商品名 上撰 深山菊 
原材米 ひだほまれ 
内容量 180ml
アルコール分 15.0度以上16.0度未満


こんな時に選ばれています



・自分用の日本酒 ・お花見やバーベキュー、芋煮会などみんなと集まるときに

・お気軽なお土産に ・バレンタイン ・ホワイトデー

 
  • 【上撰深山菊 の 受賞歴】
  • 2015年 [第7回] スローフードジャパン燗酒コンテスト2015 熱燗部門 金賞
  • 2016年 2016年度レギュラー酒コンクール 2位
  • 2016年 ロンドン酒チャレンジ 銅賞
  • 2017年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード メイン部門 金賞
  • 2017年 燗酒コンテスト お値打ちぬる燗部門 金賞
  • 2018年 IWC (International Wine Challenge) Bronze賞
  • 2019年 IWC (International Wine Challenge) Bronze賞
  • 2020年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード メイン部門 金賞
           

【包装】【熨斗】等ご希望の方は、下記のプルダウン↓よりお選びください。

           
  • 価格:1,000 円 (税込)
  • 数量:-

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

up